水素水サーバーは、どれがいい?
水素水サーバーは、どれがいい? > 特性と適応 > こんな人にはこんなサーバーがお勧め!

こんな人にはこんなサーバーがお勧め!

364d5854ab14e82a0b2300a8cbe648cf_s

水素水サーバーにはいろんな種類があります。水素水を家庭に取り入れようとしてカタログを取り寄せてみたけれど、どれにしたらいいのかさっぱり見当が付かない。そんな人も多いでしょう。

水素水サーバーにはレンタル方式と購入するタイプのもののほか、水を電気分解するタイプのもの、マグネシウムのフィルターを通して水素水を作り出すタイプなどがあります。

こういったサーバーの特性をしっかり抑えておくことで自分にぴったり合った水素水サーバーを選ぶことができます。

自分に合ったサーバー選び

水素水が美容や健康に大きな話題になっています。スーパーなどで見かけて飲んでみてはいるけれど、毎回購入するにはコストパフォーマンスも心配だから、水素水サーバーでも導入してみようかと検討してみようかと考える人も多いでしょう。しかし、いろんな種類がありすぎてどれを選んだらいいのかわからないと言う人も多いのです。

始めて水素水を導入する人はレンタルから始めてみるのがお勧めです。レンタルであれば加入料や工事費などは別として、後は月額の料金だけで水素水を飲む事ができます。この間に自分に合った水素水サーバーを検討することもできます。

購入タイプには水を電気分解することで水素水にするタイプのものとマグネシウムフィルターを通して水素を発生させて水に溶かすタイプのものがあります。

電気分解する対応のものは水道直結型と独立型がありますが、一般家庭で使用するのであれば小型で台所などにも老いておける独立型がお勧めです。
軽量でデザインもなじみやすい、価格も水道直結型のものよりやすいのが魅力です。
しかし、金属イオンやプランクトンの進入を防ぐためのカートリッジや、水素を発生させるための電極をこまめにメンテナンスする必要があります。

いつでもどこにいても新鮮な水素水が飲みたいと言う人には
携帯用の水素水サーバーもあります。充電式で電気分解するタイプで、非常にコンパクトなため、持ち歩いて出先で水を水素水にして飲む事ができます。

マグネシウムフィルターで化学反応を起こして水素水を作るタイプのものは水素水を作る際電気代などがかからないと言うメリットはありますが、化学反応で水素を精製するのに時間がかかるため、水素水になるのに時間がかかると言うデメリットがあります。またフィルターから出る金属イオンが身体に良くないという指摘もあります。

しかし、ペットボトルに設置して手軽に水素水を作れるスティックなども存在するため、時間はかかってもコストをかけずにいつでもどこでも新鮮な水素水が飲みたいと言う人にはお勧めです。

自分の生活スタイルやコストパフォーマンス、使いやすさなどを考えて自分に合ったサーバーを選びましょう。

同ジャンル・関連ページ

メーカーの信頼度