水素水サーバーは、どれがいい?

水素水サーバーで手軽に作りたての水素水を!

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

水素水が注目を浴びるようになり、今までパウチ式で保存された水素水を購入して飲むことしかできなかった水素水ですが、近年水道水を水素水に変えるサーバーが出現し、水素水サーバーへの注目も高まりました。

自宅の水道や会社、病院など人の集まる場所の水道に設置するだけで水道から出てくる水を水素水に替えてくれるため、サーバーを設置するだけで、多くの人たちが手軽に水素水を楽しめるようになるのです。

手軽に水素水が楽しめると注目を浴びている、水素水サーバーの特徴や魅力とはいったいどんなものなのでしょうか。

サーバーのメリット、デメリット

これまで水素水は飲みたくても購入しなければ飲む事ができませんでした。水素水は飲んで見たいけれど、購入してまで飲むのには抵抗があると言う人も多く、注目はされていたもののなかなか広まるのに時間がかかっていました。

そんな手間を省き、気軽に飲む事ができるようにしようと開発されたのが水素水サーバーです。水素水を蛇口にセットするだけで、蛇口をひねれば家庭の水道水が水素水に代わります。その手軽さから多くの家庭や企業、施設などで用いられるようになり、水素水が多くの人に注目されるきっかけとなりました。

多くの水素水サーバーが用いているのは、水道の水を電極で分解して、水素を発生させることでサーバー内の水を水素水に替える電解方式。しかし、この電解方式は手軽に水素水が作れると言う反面、電極に用いている金属イオンが微量ずつ水素水に混じってしまうこと、メンテナンスを怠ると電極に不純物が付着してしまう、水素ガスを食べるバクテリアが発生してしまうなどと言ったデメリットもあります。

近年ではこうしたデメリットに配慮して電極に触れていない水素水を作り出すサーバーも増えてきました。

手軽で安全な水素水を飲むためには、サーバーがどのような方法で水素水を作っているのか、メンテナンスはしっかりしているのかなどをしっかりと確かめることが大切です。


サーバーの選び方

00d51f678e77c120489e68ea19cbd822_s

水素水が注目を浴びるようになってから、いつでもどこでも手軽に水素水を飲みたいと言う人たちの声を受けて、水道の水を水素水に変えるサーバーが開発されました。サーバーの開発によって手軽に水素水が飲めるようになり、益々水素水の効果に注目が集まっています。

水素水サーバーは手軽に設置できて、水道の水を水素水に変えることができる商品ですが、水素の混入の仕方やメンテナンスの状況、価格などの面で様々異なります。

数ある水素水サーバーの中から自分に合ったサーバーを選ぶ際のポイントを考えていきましょう。


選ぶ際のポイント

水素水サーバーには多くの種類があります。その多くのサーバーの中から自分や自分の運営している会社などにあったサーバーを選ぶわけですが、どのサーバーにするか選ぶ前に、まずは自分が水素水サーバーにどういった点を求めているかを明確にする必要があります。

まずは水素水を試してみて、それから水素水の導入を本格的に考えたいと言う人にはレンタル式がお勧めです。 レンタルであれば、水素水を試してみたけれどどうも自分には合わなかったという場合には返せばいいだけですし、本格的に水素水を導入しようと思ったら、購入資金が溜まるまでそのままレンタルし続けることもできます。 レンタル式にも月額料金だけで済むものから、加入料や工事費用などがかかる場合がありますので、きちんと比較検討してからレンタルするといいでしょう。

水道直結型は水道に直接つけることから手軽に水素水を飲める利点がある一方で、設置場所の確保や水道に設置する工事費などがかかる場合が多いです。電極で分解してできた水素を水に溶かす方式で、電極の金属イオンが溶け出したり、水素ガスをえさとするプランクトンが発生したりという問題点は浄化フィルターをつけることで対策を立てています。価格が高いものが多いため、家庭用というよりは企業や病院など施設向けと言えます。

独立型の水素水サーバーは、コンパクトで持ち運びが便利であることから一般家庭でも取り入れやすいデザインがそろっています。コーヒーメーカーや浄水器ほどの大きさのものが多く、専用の容器に水を入れスイッチを押すことで電極が水を電気分解して水素を発生させ水素水を作ります。電極を用いた電解方式のため、こまめなメンテナンスは必要ですが、他の種類のサーバーと比較して本体価格は安いため、家庭でも導入しやすい商品です。

今話題沸騰中の商品と言うこともあり、水素水を利用して悪徳商法を行っている業者も多いです。購入の際はホームページなどでありとあらゆる面をチェックして購入するようにしましょう。

メーカーの信頼度

公開: 2016-05-23 

こうした健康によい飲料やサプリメントなどは、インターネットなどを介して販売される…